東京・吉祥寺 (Tokyo, Japan)
info@hypnoscience-lab.com

夢だった景色はまだ通過点だった。

夢だった景色はまだ通過点だった。

ヒプノコーチング体験談(Y.Uさん、東京)

未来に起きてほしい夢は、ヒプノセッションをしてみたら通過点だった、ということがあります。

現時点ではこれがベスト、と思っていても、五次元に行ってみると、その先の自分も見えるからです。Y.Uさんの夢は、空海の高野山の近くに住み、のんびり豊かに暮らすことでした。実際に空と海のブルーがあふれ、夢は現実になりましたが、その先のビジョンが見えたことで、もっと大きな夢が広がりました。

「これから5次元に行きます」

と言われ、頭では5次元????
え?どうしよう!わからないー
ドラえもんのポケットでも4次元よね?
それより多いの?どゆこと?えー
と少し混乱しそうになりましたが

目を閉じて誘導に身を任せると

潜在意識の方は5次元の旅ね!はい了解!
とわかっていたようで
潜在意識さんは難しく考えず素直なんだな、と他人事のように感じていました。

東川さんの誘導の優しい声に身を委ねていると
すぐ身体の輪郭にそってピリピリしてきました。
ピリピリは軽い電気をあてたような感じ
違和感はなく気持ちの良い感じ
それからじんわり暖かくなり
ふわりと空中に浮かんでいるような感覚になりました。

これが5次元か~

気球に乗るところは海辺
キレイな白い砂浜の緑も美しい島でした。
オーストラリアのグレートバリアリーフの1つの島の感じ
砂浜から気球が浮かび上がり下を見ていると、
花柄ビキニを来た、
髪型は長い黒髪でキレイなウェーブ
スラリとした手足、細身、背が高く南国風の顔立ち、
スタイルがとても良い美しい少女がニコニコと
気球を見上げ手を振ってくれているのが見えます。

手にはシュノーケルと水中メガネを持ち
足は足ヒレ足元には、うす茶色の毛が長い中型犬がいて
しっぽをフリフリ一緒に見送ってくれています。

あの少女は誰だろう、こちらも手を振り返します。

上へ上へと気球の高度が増すと
緑の島はだんだん小さくなり
海のブルーのまだら模様
空のどこまでも美しい青に見とれていると
どんどん高く上がり
このままでは大気圏を抜けそうだなーと思っていると
東川さんの暖かく優しい声が
女神様の声のように
「大気圏を抜けますよ」と
まるで一緒にこの景色を見ているかのように誘導してくれました。

振り返ると地球がサッカーボールぐらいの大きさで浮かんでいるのが見えます。
ああ、キレイだな
地球は青かった  ってほんとだよと思いながら
私の悩みなんてちっぽけだよねーと
笑いたくなりました。
地球は青のまわりに白いドライアイスのようなうすもやをまとって見えました。

 

そしていよいよ5年後の自分に会いに行きます。

わたしの将来の夢は

海辺に住み、ハーブを育てながら
好きなことをして生きること。

見えてきたイメージは、

庭から海が見える、高台の家
バラのアーチがあり
コンテナで色々なハーブを育ていて
お茶やお料理にも使い楽しんでいる、
部屋では、アロマやポプリを作る講座をしたり
キルトやクラフトなど
手作りサークルのような集まりも開催している
お茶会なども盛況のよう

場所は、紀伊半島、和歌山らしい
ワゴン車で、数人乗せて高野山のプチツアーなどもしている
ヒプノや占いもやっているかもしれない

家は古く、周りの家も古いので理想のイメージからは遠く
最終目的の家ではなさそう。
浜に降り、クラフトに使う貝殻や流木などを拾うのも楽しみの1つ

記念撮影は青い空、青い海をバックに貝殻を持ちパチリ

ホイットニーヒューストンの音楽が流れていました。

旅を終えて、再び気球に乗り
オアフ島の上空ワイキキから
地球に降りていきます。
ダイヤモンドヘッドの展望台の真横を通り
展望台にいた数人に手を振り
オアフの東の方に、着地し目覚めました。

どうやら和歌山は何かを体験するための通過点で

最終目的地は帰りに見えた南の島のようでした。

催眠中に見えたことは
実際に体験したような気になりますし
すでに叶っているような確信が持てました。

そして、それは本当に将来の夢なのか?
究極の夢なの?と
確認するために見た景色だったかもしれず
見たことによって、少し違うかな?とも
思いました。
では、本当の究極の夢はなんなのか?とさらに
深く考える機会を得ることができました。

貴重な体験をさせていただき
ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

简体中文EnglishFrançaisDeutschItaliano日本語Español